冬は嬉しい!コタツと一緒に使える

コタツユーザーに最適なローソファー

冬にはコタツが欠かせないという人も多いのではないでしょうか。足元からぬくぬくと暖まれる便利なアイテムですよね。ただ、同時にソファーも置きたい場合ですと、双方の使い勝手が悪くなりがちです。しかしローソファーならその問題を簡単に解消できます。座面がまるで座椅子のように低めのタイプもあり、コタツに足を入れるのが容易で、高さが合わず暖まりにくいということもありません。熱くなり過ぎたら足を出し、ローソファーで横になるといった快適な使い方もできますよ。L字のコーナータイプもありますので、コタツを囲うような形で配置をすれば、複数人でもゆったりと寛げるのではないでしょうか。和室との相性も抜群でインテリア性を損ねてしまうこともありません。

ローソファーのサイズや配置をよく考えよう

コタツにローソファーを合わせる際の注意点もあります。それはサイズ選びや配置を誤ってしまうと、部屋が手狭となり過ごしにくくなる可能性があることです。和室はあまり広くない場合も多く、家具を置くと生活スペースが狭くなりがちですよね。ローソファーは家具の中でも大きい道具ですので、余計に影響を与えやすいです。不便になってしまうのも考えものですので、サイズ選びには十分に注意しましょう。圧迫感が気になる場合はボリュームを抑えたデザインや、二人掛けのコンパクトタイプをチョイスするなど、邪魔になりにくいサイズの物を選択することが大切です。配置に関しても、部屋の中心に置いてしまうと不便になりやすいため、できるだけ壁側に配置するなど、場所を考えて置くことで和室を広く使いやすくなるはずです。

フロアソファーは、脚の部分が無く床に直接置くタイプのソファーになります。床に近いため和室にも似合いソファーで、高さもないため小さな子供がいても落ちる心配がないというのがメリットです。