お洒落なカラーやデザインでも部屋に合わせやすい!

ローソファーを置くと部屋がオシャレに見える

ローソファーとは、座面が低いデザインだったり、脚部がないデザインの商品が多く、圧迫感がないため部屋が広く見えるというメリットがあります。またデザインもスッキリしていて、後ろから見てもコンパクトで可愛いため、部屋の真ん中に置いても違和感がありません。一般的なソファーよりも、置く場所の自由度が高く、ローソファーを置く事で部屋全体がオシャレな仕上がりになるでしょう。

しかもローソファーは、カラーバリエーションも豊富で、部屋のイメージづけに最適なので、まずは自分のお気に入りのデザインを見つけ、ローソファーを主役に、部屋をデザインする事も可能です。引っ越しを予定している人や新生活で部屋を一新したい人にローソファーはお勧めです。

ローソファーの機能性は

ローソファーは、オシャレ度が高く、また狭い部屋でも置く事が可能です。ではローソファーの機能性は、一般のソファーと比べてどうなのでしょうか?ローソファーを単体で使用する場合は、あまり気にならないかもしれませんが、ローソファーの前にローテーブルを置いて、食事をするスペースや勉強をするスペースにしたいと考えている場合は、注意が必要です。

なぜかというと、ローソファーはローテーブルと高さを合わせる事が難しいからです。同様の理由で、TVボードとの高さが合わずに、TVを見る時やTV画面でゲームをする時に、目線が上になるため疲れやすいと感じるかもしれません。あと腰痛持ちや膝に痛みがある人は、ローソファーから立ち上がる時に、身体に負担がかかる場合があるので、購入前に座り心地を確認するようにして下さい。

こたつでソファーに入りたいという場合には、フロアソファーがオススメです。脚の部分がないタイプのソファで、直接床に置くソファーのためこたつにも入ることができます。