狭い部屋でも圧迫感が少ない

そもそもローソファーとは?

最近、若者を中心に人気を集めているのがローソファーです。ローソファーとは、座面の高さが一般的なソファーに比べると低くなっているソファーのことです。以前は和室が主流だった住宅もフローリングが多くなったので、ソファーが置いてある家も珍しくありません。それでも、日本人は畳に座ったり寝転んだりする生活に慣れているので、フローリングに座布団を敷いて座る人もいますよね。そんなとき、ソファーはフローリングに座る人を見下ろすような形になってしまって居心地が悪いことがあります。その点、ローソファーなら目線が近いのでリラックスして話すことができます。このように、ローソファーには一般的なソファーにはない魅力があるのです。

ローソファーなら狭い部屋でも大丈夫!

お店で気に入ったソファーを購入したけど部屋に置いてみたらとても窮屈に感じてしまった、そんな経験はありませんか?よほど広い部屋でなければ、大型のソファーの場合はどうしても部屋のスペースを取るので狭く感じてしまいます。これはソファーに限らず他の家具でも同じですが、背の低いものの方が壁が見えるなど部屋が広く見えます。そのため、ローソファーには部屋を広く見せるという効果があり、部屋が狭くても圧迫感が少なくなるので、よりすっきりとした空間になるのではないでしょうか。ただ、ローソファーは座面が低い分だけどうしても座る姿勢が悪くなりがちです。長時間座っていると疲れるという人もいるので、座る姿勢には十分注意しましょう。

ローソファーの通販では実物を見て購入することが出来ないため自分の体にあったサイズ感かどうか、座った時のフィット感の好みなどが掴みにくのでサイズや素材などを熟慮した上で購入しましょう。